冠婚葬祭 メールについて

お葬式の際のお悔やみメール

 今回は、冠婚葬祭のマナーの中でお悔やみのメールの書き方を紹介します。しかし、お悔やみのメールは冠婚葬祭のマナーの上では正式なものではないという事を心にとどめていくことに注意しましょう。国外や日本国内でも遠く離れた場所にいるときに利用すると便利です。メールは相手の心に寄り添ったメッセージを離れていてもすぐに相手にメッセージを届けることができる便利な機能です。また、読み手の時間があるときに読むことができるため、通夜や葬儀などの忙しい儀式の進行を邪魔しないという特徴があります。 相手に送る際の基本を押さえた失礼のない書式と文章で送るようにしましょう。基本的なポイントは3つあります。1つはお悔やみのメッセージであることがわかりやすい件名を使うようにしましょう。2つ目は宛名の書き方や配置には基本的な決まりがあるのでそれに従った文章にすることが重要です。3つ目は職場関係の相手に送る際は、本文には敬語や丁寧語を文法に従った文章を作ることが大切です。