冠婚葬祭 メールについて

冠婚葬祭のお休みは丁寧に連絡しましょう

冠婚葬祭で会社や学校を休まなければならなくなった場合、どのように伝えるべきでしょうか。少なくともメールだけではNGです。まず学校の場合、親御さんから先生の方へ電話を入れて連絡をします。小学校であれば連絡帳に理由を記載し、近所の同級生に先生へ届けてもらいましょう。そして会社の場合は、直接上司に理由を話しましょう。お葬式は突然訪れるものなので、電話で伝えても問題ありません。その上でメールも入れておくと丁寧です。特にメールでは、現在自分が抱えている仕事の案件などを伝え、どのように代行してもらいたいか連絡を入れておくとよいでしょう。急に仕事をストップするのは厳しいことなので、引き継ぎが重要です。このように冠婚葬祭のお休みに関しては、周囲に丁寧に事情を伝えましょう。結婚式に限っては前もって予定がわかっていることなので事前に報告できますが、お葬式は急になるのでその対応が大切です。これも社会のマナーとして覚えておきましょう。