冠婚葬祭 メールについて

冠婚葬祭の適切な連絡方法

冠婚葬祭のイベントには様々な形式のマナーがあります。人生における重要な節目のため、携帯電話やインターネットの普及により、メールや電話という手軽で早い連絡方法が普及しているにも関わらず、きちんとした連絡には招待状や書面での連絡がマナーとされています。メールや電話は、確かに便利ですが、データのため内容が消えてしまう恐れがあるためきちんとした場ではやはり書面による連絡がふさわしいといえます。ですが、あくまで改まった挨拶には向かないというだけで、補助的に使うにはやはり便利なツールです。ある日いきなり招待状などで結婚式の招待状をもらってもたいていの人は困惑が先にくるでしょう。ある程度の予定が決まったら、まずはメールや電話などで事前に連絡しておくのがむしろマナーといえます。今や招待状は出欠を問うものという性格よりも、出席が見込まれる人に日時や場所などを改めて案内するものという性格が強くなってきています。そのための事前準備に他の手段を使うとよいでしょう。