冠婚葬祭 メールについて

冠婚葬祭におけるインターネット活用について

人間誰しもが少なくとも何回かは経験する冠婚葬祭。それには結婚式や成人式、葬儀など多くのものがあり、またそれぞに細かいマナーが存在しています。近年はインターネット社会となっており冠婚葬祭という場においてもインターネットが多く活用されています。たとえば、結婚式の参加をメールやSNSで確認する、スマホで撮影した結婚式写真を写真印刷Webサービスに依頼するなど様々なシーンでインターネットが活用されています。結婚式や成人式などは喜びのある晴れやかな舞台でもありますので、あまり気にする必要はありませんが、葬儀や法事関連においてはインターネットの活用を控える場面も出てきます。たとえば、葬儀参列の参加をSNSやメールを使って確認したりすると場合によっては、ご家族や親族の方から顰蹙を買ってしまう場合もあります。葬儀というのは故人を偲ぶ最後の儀式となりますので、誰もが感情的になりやすい状態にあります。そのため、マナー違反と思われるものについては厳しい態度を取られる場合があるのです。これらのマナーを理解して、場の雰囲気に応じてインターネットをうまく活用していくことが必要です。